ヨガ・ホットヨガ・ピラティスの違いとは?

ヨガ・ホットヨガ・ピラティス、どれも似たような物で、違いが分からないというかたも多いのではないでしょうか。

確かにホットヨガは高温多湿環境で行うヨガですし、ピラティスはヨガをベースとして発展したエクササイズなので共通点も多く、それぞれを融合したエクササイズを組み込んでいるスタジオもあるので、境界線が曖昧になってきています。

 

ヨガとホットヨガの違いはスタジオ内の環境です。

ホットヨガとは、39度前後で湿度55%~65%程度の高温多湿環境で行うヨガです。

筋肉の動きが最も良くなるとされている39度前後の環境で行う事で、筋肉や腱の故障や筋肉痛の予防や軽減に役立ちます。

また、湿度55%~65%という環境でのエクササイズは発汗を促してデトックス、汗の蒸発を防ぐことで肌の乾燥や気化熱による体温低下を抑える働きがあります。

そうなるとヨガの存在理由がなくなると思われがちですが、ヨガにはヨガの良さがあります。

高温多湿環境では筋肉量を増やす程の動きをするのは辛いですよね。

デトックスやしなやかな体作りにはホットヨガを、インナーマッスルを鍛えて代謝の向上やスタイルアップには通常のヨガが適しています。
>>ホットヨガをチェック

では、ヨガとティラピスの違いは何でしょうか。

ヨガの主な呼吸法は、リラックス作用のある副交感神経を刺激する腹式呼吸で、ティラピスは緊張感を高めて体の働きが活発になる交感神経を刺激する胸式呼吸です。

また、ヨガはしなやかな体作りを行うエクササイズなのに対し、ティラピスは骨格の歪みを正したり、理想的な筋肉を付けるトレーニング要素の高いエクササイズです。

柔軟性を求めるのであればヨガを、ウエイトトレーニング重視ならティラピスを選ぶと良いかも知れませんね。

>>ティラピスをチェック

ヨガマットの質も実はかなり大事なこと

ヨガを行う際は、そのまま地面に座って行うのではなく、専用のマットを利用して行います。このマットの質はどうでもいいように思われていますが、しっかりグリップするようなもので、なお且つ衝撃を和らげることが大事になっています。地面のままだと、動かしているときに足の負担が大きくなる傾向にあるので、それを避けるためにマットを利用しているのです。

出来る限り柔らかい素材で、なお且つ安定して体を動かせることが大事になってきます。動かせる範囲が狭くなってしまったり、動いているときにマットまで動くのはよくありません。マットは地面に固定できるようなもので、なお且つ足や体にかかる負担が軽減されることが何よりも大事なことです。

安物のヨガマットも販売されていますが、やはり安定して固定できるものを購入するなら、ちょっとお高いものを選んだほうがいいです。
また転倒で触って購入したほうが、体に触れたときの感触もわかりやすいのでいい選び方が出来ます。

ダイエットを長続きさせるコツ

さぁ、始めるぞ!と気合いをいれて初める事が多いダイエットですが、気づけば三日坊主・・・の繰り返しをしている人は多くいるかと思います。
気合いを入れた分だけ、続けられなかった自分が意志が弱いんだなと責めてみたり、自棄になって、もういいや!とやけ食いをしたりと、反動がおきてしまったりしていませんか?
気合いを入れ過ぎるから、続かなかった時の反動が大きいのです。
もっと気軽な気持ちで、厳しい制限を付けずに、結果を早急に求めることなく、気長に続けることができるという事を心がければ、それほど難しいものではありません。
例えば、食事をする前に水分をとる。
コップ一杯の水を飲む、水では味気ないというのならば、お茶、コーヒーなど好きな飲み物を飲む、またスープやお吸い物など汁気のものをまずお腹にいれるということだけでも良いのです。
また良く噛むという事も良く言われる事ですが、これを実際に実行してみると、確かに食べる量が少なくて満腹感が感じられます。
脳は食事をし始めてから、脳にある満腹中枢に信号が届くまで多少の時間がかかります。
その為に早食いをしてしまうと脳が満腹中枢を感じるまでにたくさん食べてしまいます。
ですから、良く噛むという事をすると噛んだ回数だけ食事に時間がかかりますし、噛む事により満腹中枢が刺激されますので、少ない量でお腹が一杯になったという信号を脳が発するのです。
そうして食事の仕方を変えるという簡単な事でダイエットをすることができるので、これなら長続きすることができるはずです。